読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

usaco’s diary

日常のこととか、ジブン手帳のこととか、文房具のこととか。その他気になってることとかを残していく予定です。

手帳とあたしの関係

手帳・文具関連-Quaderno*手帳* 手帳・文具関連

手帳とあたしの関係なんて、たいそうなタイトルつけちゃいましたw

手帳の使い方とか、使ってる文房具とか、いろいろ書きたいことはあるけれども、まずはなんであたしが「手帳」というものに興味を持つようになったのかを書きたいと思います。

手帳を使うようになったワケ

あたしは、昔から「書くこと」が好きだったワケではありません。

興味を持ち始めたのは、今から15年ほど…いやもうちょっと前かな?

きっかけは、祖父が70歳にしてワープロを始めたことです。

ワープロからなんで手帳????

って感じですが、祖父はワープロで「自分の歴史」を打っていたんです。

当時は「おじいちゃん良くそんな昔のこと覚えてるね~」って言ってました。

でも、祖父が思い出しながら一生懸命それを打ってる姿を見て、「いいな」と思ったんです。

それが、「書くこと」に興味を持った瞬間でした。

 悪戦苦闘の日々

それから、悪戦苦闘の日々が始まりました←大げさw

当時はお小遣いでそんなに文房具も買えなかったから、手帳とかではなく、安い大学ノートに書いてました。

まぁ、目的が目的だから大学ノートで十分だったんですけど。

それがまたうまくまとまらないから、消しては書いて消しては書いて…

父から譲り受けた古いノートPCにノートに書いた内容を清書してみたりして。

そんな日々を何年か過ごしてました。

そんなことをやり続けて数年、祖父が実は若いころから1行日記的なものをつけていたことを知ったんです。この時点ではモノは見せて貰えませんでしたが、そういうのをつけているって話をしてくれました。

まぁ、「自分の歴史」をまとめてるんだから、早く気づけよって話ですが、若いころはそんなこと思いつきもしませんでした。

 はじめて手帳を買う

それに気づいた頃はもうバイトし始めていて、そこそこお金もあったので、初めて「手帳」なるものを買いました。

確か、レフト式の手帳だったと思います。

当時はインターネットが普及したばかりだったのと、手帳に関する本があるとかそんなことも知らなかったので、思うがままに書いてました。

初めて手帳を買って、その中に書きたいことや留めておきたいことをひたすらただ書いてたんですね。

でも、それもなんかやりたい事と違う

 手帳ジプシーへ

それから、手帳ジプシーになりました。

何年かかっても自分に合う手帳が見つからない。

システム手帳、ほぼ日手帳モレスキン、Edit、etc…社会人になってから色んな手帳を使ってみました。

どれを使ってもしっくりこない…

そんなことをしているうちに大好きな祖父が亡くなり、祖父の日記を目にすることになりました。

それが今から大体3年前。

祖父の日記は、大学ノートや小さな手帳に時事ニュースが書いてあるかのような日記だったんです。

それをベースにワープロに落としてたんですね。

祖父がやってることに憧れて、「書くこと」を始めたけれども、その時点であたしが手帳でやりたいことと祖父がやっていたことは、目的が違ってたんです

目的が違うのに、同じことをやろうとしてたら、そりゃぁどんな手帳を使っても違和感が生まれて当然ですよね。

 「ジブン手帳」との出会い

 祖父が亡くなってからしばらくして、雑誌で「ジブン手帳」のことを知りました。

雑誌に書いてあることは、まさにあたしが手帳でやりたいことだったんです。

営業でもない、出張が多いわけでもない、スケジュールは別途でEXCEL管理をしているし、打ち合わせはOutlookの予定表に入れてるあたしにとって、予定を記入するための手帳はいらないんです。

じゃぁ、なんのために手帳を使うのか。

  • ライフログをつける
  • その日の気持ちや出来事を残す
  • 週ごとにやることを見える化する
  • 週ごとの活動時間を俯瞰する

大きくこの4つがあたしにとって、「書くこと」と「やりたいこと」なんですね。

なので、Weeklyの24時間バーチカル、その週にやるToDo欄やその日を表す一言を書く欄、バーチカルの下にある余白や朝昼夜に食べたものを書く欄があること、これはもう理想の手帳でした。

4つをやるために、なんのカスタマイズもしなくていい、そんな手帳。

それに加えて、LIFE、Diary、IDEAという3冊構成。

LIFEは、祖父がやってた1行日記を再現するのに最適でした。

それからは「ジブン手帳」一筋。

そして、「ジブン手帳」のいいところ。

それは使い方に囚われなくていいところ。

書きたいこと、やりたいことを実現しやすい手帳だと思います。

Diaryに書ききれないこと、書けないことがあるなら、IDEAがあるし、目標も書き込める。

Diaryを母艦に色んな使い方ができる。ステキ手帳だと思ってます。

最後にこっそり「ジブン手帳」をお勧めwww

そんな「ジブン手帳」はLOFTや東急ハンズ等で販売しています。

さらにネットでも手に入ります。

もしこのブログを見て、興味を持った方がいらっしゃたら、来年の手帳候補として、是非実物に触れてみて、「自分だったらこう使う」ということを想像してみてください

きっと、使ってみたくなると思いますw

 


 

 

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」